「物忘れ」を5分で解消!世界一の記憶テクニック「場所法」

Pocket

「最近忘れっぽくて困っている、、、」
「あれ、この人の名前なんだっけ、、、」

年齢とともに物忘れがひどくなっていることに、
お悩みではないでしょうか。

その改善のためには、生活習慣を正しくすることが、
効果的というのはすでにご存知かもしれません。

確かに、物忘れの改善にはつながりますが、
本当に効果が出ているのか、わかりにくいのが欠点ですよね。

結果がわからないと、
モチベーションの維持ができず、挫折してしまいます。

ですので、生活習慣を改善しつつ、
すぐに効果の出るテクニックを一緒に身につけることをオススメします。

これからご紹介するのは、科学的に効果があると認められている
世界一の記憶メソッドです。

記憶力を競い合うメモリースポーツでも使われていて、
その選手たちは、5分で1000桁以上の数字を記憶してしまいます。

「世界一の記憶メソッドなんて難しそう」と
思うかもしれませんが、

小学生でもマスターできるほど、簡単に身につけることができます。

さらに、ペンも紙も必要ありません。
手元に何もなくても、完璧に覚えることができます。

目次

1 物忘れの原因は?
2 記憶力アップににつながる生活習慣
2.1 物忘れに効果のある食べ物5選
3 世界一の記憶術「場所法」とは?
4 場所法の効果は?
5 まとめ

1 物忘れの原因は?

加齢とともに、物忘れに悩む人が増えていきます。

あなたも、「昔はもっと記憶力が良かったのに」
と感じたことがあるのではないでしょうか。

なぜ、年齢を重ねるにつれて、
忘れっぽくなってしまうのでしょう。

一番大きな原因と考えられているのが、
ワーキングメモリというものです。

ワーキングメモリは、人間が一度に覚えることができる量のことで、
その数は、4〜7個だと言われています。

加齢とともに、覚えることのできる量が少なくなってしまうため、
もの忘れが起きてしまうのです。

これを聞くと、脳が衰えていると思われがちですが、
そうではありません。

他の機能が発達するため、ワーキングメモリを使いづらくなってしまうだけで、
能力が落ちてしまっているわけではありません。

ですので、トレーニングをすれば
以前と同じような記憶力を取り戻すことも可能です。

ワーキングメモリについて詳しく知りたい方は、下の記事を読んでみてください。

関連記事仕事や学習の能力を高めるワーキングメモリとは?

2020.06.10

2 記憶力アップにつながる生活習慣

物忘れの原因は、ワーキングメモリだということを紹介しました。

記憶力を上げるには、
一度に覚えておける量を増やす必要があります。

その土台となるのは、もちろん生活習慣です。

寝不足でウトウトしているような状態では、
覚えられるはずがありません。

とはいえ、
「1日に8時間寝て、1時間ジムに行ってトレーニングをしてください!」
などと言われても、

いきなり生活を変えるのは難しいですし、
ストレスが溜まって逆効果になってしまうかもしれません。

ですので、簡単に取り入れることのできる、
食べ物についてご紹介します。

ランチなどで一品増やすくらいなら、
それほど難しくないのではないでしょうか。

2.1 物忘れに効果のある食べ物5選

物忘れに役立つ食べ物は、たくさんあります。

その中でも、特に効果が高いと言われているのが、
青魚、肉類、ナッツ、乳製品、コーヒーです。

青魚

青魚は、イワシやサバなどのことです。
DHAなど、記憶力の改善に効果がある栄養がたくさん入っています。

ナッツ類

ナッツ類は、カシューナッツやピーナッツ、アーモンドなどです。

ナッツ類に多く含まれているビタミンEは、
記憶力の向上をサポートしてくれます。

味がついているものではなく、素焼きのものが特にオススメです。

エネルギー補給にも効果的なので、仕事の合間などに食べてみてください。

肉類

肉類は、年齢が上がると脂がきついこともあり、
少し避けがちになってしまうかもしれません。

しかし、鶏肉はヘルシーなものが多く
記憶力の改善に役立つ栄養素がたくさん入っています。

乳製品

次に乳製品です。
牛乳や、ヨーグルト、チーズなどが代表的です。

乳製品に入っている、ラクトノナデカペプチドという成分は、
九州大学の研究で、記憶力の維持効果があることがわかっています。

コーヒー

コーヒーも物忘れの改善に役立つと言われています。

コーヒーの中に含まれている、
カフェインは物忘れの改善に役立つそうです。

さらに詳しい内容に興味がある方は、下の記事を読んでみてください。

3 世界一の記憶術「場所法」とは?

ここまで生活習慣をメインにお伝えしてきました。

しかし、生活習慣を変えるのは大変ですよね。

さらに、継続をしなければなかなか効果が実感できません。

すぐ物忘れを改善したい方は、数字1000桁以上をラクラクと覚える
「記憶アスリート」が使用する記憶術を使ってみてはどうでしょうか。

記憶術を体験して脳を鍛えることにより、
物忘れを改善する効果が期待できますし、記憶術をマスターした方の中には、
人並外れた記憶力を身につけた方もいます。

場所法の具体的な手順をこちらの記事で紹介しているので、
物忘れに悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

関連記事古代ギリシャから天才たちに受け継がれている究極の記憶術『場所法』とは?

2020.06.10

4 まとめ

いかがだったでしょうか。

物忘れの改善には、生活習慣を見直す必要があります。

しかし、なかなか効果の実感できない生活習慣は、 挫折してしまいがちだと思います。

ですので、まずは場所法をマスターして、 「物忘れがひどい」というイメージをなくしてしまいましょう。

今まで覚えられなかったものが覚えられるようになれば、 少しずつ自信がついてくると思います。

そうすれば、モチベーションも上がり、 生活習慣を見直そうという気持ちになるはずです。

また、場所法をマスターすれば、 取りたい資格などの勉強にも生かすことができます。

さらに、仕事の効率を上げることも可能です。

あなたの生活をより良くするためのきっかけとして、 「場所法」を使ってみてください。

Pocket

この記事を監修してくれた記憶コーチ

大野 元朗プロ
記憶の学校 代表
大野 元朗プロ
(おおの もとろう)

『最も多く記憶したオセロ盤の数』におけるギネス世界記録保持者

2015年:記憶力国際資格”IMM”取得
2016年:記憶力日本選手権優勝
2017年:記憶力世界選手権 18位

“日本一記憶力が良い男”として、
TBSやフジテレビ、ラジオ局からの依頼が絶えないメモリーアスリート。
世界記憶力選手権にも出場を果たし、2017年にはギネス世界記録を樹立。

その他にも記憶術を用いて各自の目標を達成し
人生を豊かにさせるための講演活動や指導を
行っているメモリー教育のトップランナー

【TV出演歴】
・フジテレビ『めざましテレビ-キラビト-』出演
・フジテレビ『10ミニッツ』 
      
・TBS 『ピラミッド ダービー』出演
・日本テレビ『シューイチ』